使ってはいけません

容器から出ている錠剤

とても便利なアフターピルという避妊薬ですが、実は残念ながら飲めないという人もいたりします。
あなたがアフターピルを飲んでもいいかどうか、その辺をこちらの記事で判断していきたいと思います。
飲んではいけないにも関わらずアフターピルを飲んでしまうと、もちろん副作用を発症させてしまうおそれがあるので注意してください。

まず低用量ピルがすでに禁止されている人は、当然ですがアフターピルを飲むことができません。
なぜなら低用量ピルもアフターピルも、含まれているものは同じだからです。
その量が違うというだけなので、片方がダメな人は当然両方ともピルという時点でアウトとなります。

また妊娠中の人はアフターピルを飲まないようにしてください。
お腹の中にいる赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはありませんが、あなた自身への悪影響が考えられます。
そして子宮体がんとか肥満の人、あとは手術を予定している人なども基本的には飲めないので注意してください。

さらにもっとも気をつけてほしいのは、喫煙者の人です。
アフターピルを飲んでいこうと考えている人は、特に喫煙について厳しく気をつける必要があります。
なぜなら、ピル自体には血液を固まらせやすくする作用があったりします。
つまり血栓というものができやすいので、それが循環器系などに大きな影響をもたらす可能性が考えられます。

特に1日15本以上ものたばこを吸うような人は高確率で副作用を発症させることになるので、病院に行っても処方してくれない可能性がすごく高いでしょう。
残念ながらすでに喫煙者についてはピルによって死んでいる人もいるので、喫煙者は基本的に使わないようにすることが大事です。